薄毛ならではの気にし過ぎは良くない

理髪店で髪を切るときに薄毛が目立っているとそれだけで何だか少し恥ずかしくなってしまいます。思い込みかもしれませんが理容師が「切る髪の毛がないな」と思っているかもしれず、それを思うと気軽に理髪店へ行けなくなってしまいます。
こちらとしては薄くなった髪の毛をちょっと切り揃えるだけでもだいぶ違うと考えているわけですが、他人からすればかなり悲しい抵抗に思えてしまうのかもしれません。ただ、それはやっぱり薄毛ならではの気にし過ぎです。理容師は薄毛男性の髪の毛を数えきれないくらい切っていますし、そんなこと思うはずがないです。ですから、薄毛だからといってそれを変に気にし過ぎてしまうのは良くないことで、堂々と自信を持てば良いのです。